室内の条件にこだわりすぎて家賃の負担が大きくなったこと

優先順位をつけて上手に良い条件の部屋を検討する

賃貸部屋選びでよくある失敗例の中に、室内の条件選びにこだわりすぎて、金銭的な余裕がなくなってしまうという点が挙げられます。あれもこれもと妥協せずにこだわりすぎてしまうと、どうしても家賃の負担は出てくるものです。家賃が高額になりやすい室内環境は、おしゃれなデザイナーズマンション、新築や築浅物件、充実した水回りの設備やセキュリティ設備などがあります。家賃の予算が限られているのに、無理してこういった好条件の部屋を選んでしまうと家賃の支払いが難しくなるケースも出てきます。ですから、これは譲れない条件、これは我慢できる条件など、自分のニーズやライフスタイルに合わせて、こだわりたい条件に優先順位をつけていくことが大事です。

賃貸部屋の家賃の予算を設定しておく

賃貸部屋の室内のこだわりの条件を優先したい!という気持ちはわかりますが、その前に家賃の条件を先に決めておくと、予算オーバーになるのを防げます。最初に毎月の生活費のシミュレーションをしておきましょう。毎月の支出は、家賃意外にも食費や光熱費、衣料費や通信費、教育費など色々あります。具体的な毎月の生活費を計算したうえで、収入とのバランスを考えながら家賃の予算を考えることをおすすめします。そうすれば、賃貸のお金に関わる失敗を防げるでしょう。収入の手取りに対する家賃の目安というものがあるのをご存知でしょうか。家賃の予算は、手取りの3分の1以内に収まる程度に設定すると良いとされています。そうすることで、余裕をもって毎月の家賃の支払いができるはずです。