南向きの部屋を選んだけれど周囲の建物の影響で日が当たらない

南向きの賃貸部屋の魅力的なところ

一日中、太陽の光が部屋に入りやすいというのが南向きの賃貸部屋の特長です。日当たりの良い部屋は、洗濯物が早く乾きやすいですし、布団も干しやすいでしょう。そして、日照時間が長いことから部屋に湿気がたまりにくく、湿気がこもりやすい窓際や押入れなどにカビや結露も発生しにくいです。部屋がジメジメとしないので、快適に過ごせます。日中は部屋が明るいため、照明を付ける必要がない場合が多いです。冬の寒い時期も日差しが部屋に入ると、ぽかぽかと暖かいので高い暖房費の節約にもなります。

日当たりが良い部屋は家賃が高くなる傾向があるものの、電気代が大幅にカットできる点は良いポイントになるでしょう。また、朝から太陽の光を感じられるので、体内時計のリズムを自然に整えることができます。朝日を浴びると、心身ともに良い影響を受けられるため、健康的な生活を送れます。

屋外の周辺環境は要チェック!南向きの賃貸部屋を選ぶ時の注意点

日当たりの良い部屋をもとめて南向きの物件を選んだのに、住んでみたら一日中部屋が暗く、ジメジメとした空気が充満していたなど。思っていた物件とは違っていたということもあります。明るいイメージのある南向きの部屋が暗いなんてことあるの?と思われがちですが、実は方角が南向きでも太陽の光が入りづらいケースもあるので注意が必要です。たとえば、窓を開けたらすぐに隣の建物がある部屋であったり、周辺に大きな建物があると、自然光が遮断されて南向きの部屋でも日当たりが悪くなるといった失敗例になります。

そんなことにならないように、気に入った物件が見つかったら、賃貸広告の情報だけを鵜呑みにせずに、賃貸部屋の内見に行くようにしましょう。ベランダや窓から周囲の環境を見渡して、太陽の光を妨げる物はないか、事前に確認しておくと失敗を防げます。