駅から近い場所を選んだけれど騒音に悩まされる

賃貸物件の周辺環境で失敗した事例

賃貸物件を選ぶ際には、間取りや築年数といった建物内部の条件だけでなく、周辺環境も重要です。子どもがいれば、通学可能な範囲内に保育園や学校があることが必須条件です。もっとも、こうした施設が近すぎると、毎日聞かされる子どもたちの元気な声が耳障りになるかもしれません。また、昼間は日光が射して明るい通勤路でも、夜になると外灯がなく暗くて一人で歩くのは怖いというケースもあるので注意しましょう。それから、24時間営業のコンビニが側にあると便利ですが、夜中に店の前に客が集まり雑談して迷惑になることもあります。

スーパーマーケットなどの商業施設や病院が近所にあることも大切なポイントになります。車の所有者なら、駐車場さえ備わっていたら、遠方に買い物に出かけられますが、車を持たない賃借人は、近所にこうした施設がないと、毎回タクシーを呼ばなければなりません。

駅近物件のメリットとデメリット

賃貸物件を選ぶ基準として、最寄り駅からの距離が重視されます。多少築年数が古くても、駅近物件の方が人気だと言えるでしょう。通学や通勤に電車を利用する賃借人が多いのです。ただし、駅近物件は、繁華街や幹線道路からも近いことが多く、騒音に悩まされることが少なくありません。駅の近くは帰宅途中のサラリーマンが集う居酒屋なとも多く、酔客が大声を出すことも珍しくないのです。したがって、駅近物件を選ぶときは、昼間だけでなく夜も訪れて、周囲の環境をチェックしましょう。 昼間は静かでも、夜になると騒がしくなるケースが少なくないのです。賃貸物件の選択においては、利便性だけでなく、安眠を確保できるかどうかも考慮しなければなりません。

札幌西区の賃貸住宅はルームシェアが可能、高齢者歓迎、学生歓迎等が多く、ライフスタイルに合った物件を探し易いです。セキュリティがしっかりした所も多く、安心して過ごせます。